とある魔術の禁書目録

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/09/13(火) 08:00:51.477 ID:VtRfL/Tp0
佐天「実は上条さんって種無しなんじゃないですかぁ?」

上条「ふざけるな!俺は正常だ!」

佐天「いやー、それちょっと信用できないんですよねー」

上条「じゃあどうすればいいんだ?」

佐天「そうですねぇ」

【佐天「御坂さんが妊娠しないのは上条さんにも問題があるんじゃないですか?」上条「えっ」】の続きを読む

1: ◆Ab.sC93XWE:2014/09/25(木) 20:51:13.21 ID:WYG7M2MU0

レンタル上条の続き(´・ω・`)前回は 

上条「レンタル上条一時間千円です」

でぐぐればよろし 

それとやって欲しいキャラいれば言ってくれ、出来そうならやるから、ただし>>1000で終了するつもりなのであんまり大量にキャラ上げられても捌けんのでそこんとこよろしく。



【【前編】上条「……レンタル上条一時間千円です(泣)」】の続きを読む

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/25(金) 12:49:13.35 ID:6Ez2W2pi0

ーーー学校。 

上条「………はあ、不幸だ」 

土御門「また何か問題かにゃー?」 

上条「まーな……上条さんは現在大ピンチですよ」 

青ピ「カミやんが不幸なのはデフォやとして何を困っとるん?」 

上条「………………………3日前さ、月に一度の支給金振り込みだったじゃん?」 

土御門「なんだ、カードでも紛失して下ろせないのか?」 

青ピ「もしくは不具合で支給されてへんとか?」 

上条「…いや、支給されましたよ?されたんだけどもね?」 

土御門「まさか、もう全額使ったとか言うのかにゃー?」 

上条「………」フイッ 

青ピ「カミやん、さすがに早すぎやでどないするん?」 

上条「………お金貸しt… 

土御門「さて、昼飯昼飯だぜい」ガサゴソ 

青ピ「今日の購買のパンはやたらうまそうに感じるわぁ」ガサガサ 

上条「せめて最後まで言わせろよ!?ちくしょうこの薄情者共め!!」 
【【前編】上条「レンタル上条一時間千円です」】の続きを読む

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報KINPATUがお送りします 2015/04/26(日) 00:13:16.53 ID:3pYUkv3CO

もしも学園都市が九州地方にある設定での小ネタです。方言は九州弁といいますが佐賀弁よりなので悪しからず

方言なので理解は難しいと思いますが投下していきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429974796

【上条「また、ビリビリばい」 御坂「なんか文句あっとね!!」】の続きを読む

2: ◆c6GooQ9piw 2015/08/15(土) 14:56:02.53 ID:/DGbC0DhO
ミサカ20000号「」ブシャア 

一方通行「…………」 

一方通行「………………」 

一方通行「……終わった」 

一方通行「遂に終わったンだァ……」 

一方通行「長かった。マジで長かった……ッ」 

一方通行「二万体だぜ? 信じられねェ。ありえねェよ。いくらなんでも多すぎるだろォが……」 

一方通行「思い出すぜ……研究者に、無慈悲に実験内容を告げられたあの日を……最初はその数に絶望したっけなァ」 

一方通行「素で『はァ?』って聞き返しちまったら、研究者も申し訳なさそうなツラしてやがったぜ」 

一方通行「しかしまァ、あいつらが悪いわけじゃねェ。樹形図の設計者《ツリーダイアグラム》の計算結果がそうなっちまったんだから、反論の仕様がねェ」 

一方通行「レベル6を諦めるって手もあったが……いや、実際何度考えたかわからねェ。だが、諦めたところで俺には何も残らねェからな」 

一方通行「結局、俺はやるしかなかったンだ」
【一方通行「絶対能力進化実験……最高だったぜ」】の続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/06(日) 21:22:56.782 ID:YI8UlvHf0
佐天「な、なんかスゴい能力目覚めちゃった!」

初春「え!? ホントですか!?」

佐天「月曜日が来ない能力だって!」

初春「月曜日が……来ない?」

佐天「うん! 月曜日が来ないらしいよ!」

初春「よ、良かったですね。 佐天さん」

佐天「あれ、何か反応薄いね」

初春「何か凄さがあんまり理解できなくて……」

佐天「ふむふむ…それじゃあ実際にその凄さを体感して見よー! ってことで遊園地にレッツゴー!」

初春「わぁっ!? ま、待ってくださいよ! 佐天さん! そんな急に!」

【佐天「月曜日が来ない能力!」】の続きを読む

1: ◆.kNQhxNn5U 2015/12/07(月) 00:20:33.17 ID:J0xucp1i0
浜面「ぶっ殺すぞ」

滝壺「急にどうしたの?はまづら」

浜面「どうしたもこうしたもねぇよ滝壺。アニメ禁書3期がいつまで経っても始まらねぇんだよ!」

滝壺「ああ、そのこと。アニメ業界も難しいんだよ、きっと」

浜面「だってさ、原作未読側からすれば、俺ってただの一児の母を殺そうとしたクズって認識なんだろ?」

滝壺「実際はまづらはクズだよ」

浜面「えぇー…。ここは滝壺が例の台詞で俺を慰めてくれる所じゃねぇのかよ」

滝壺「そんなの知らない」

浜面「いつもの穏和な滝壺はどこに行った…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449415232

【浜面「JCスタッフいい加減にしろ…」】の続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 21:42:29.451 ID:i/dekpV00
佐天「重力って言われても難しいなあ…どうしよう」

TV「...ホワイトホール、白い明日が待ってるぜ!にゃーんてにゃ」ソーナンス!

佐天「ホワイトホール...あっ!ブラックホールって確か重力が凄いんだよね...ってことは強い重力を生み出せばブラックホールが作れるんじゃ...?」

佐天「ってそんなわけないか! 第一私この間までレベル0だったわけだし!あはは...でもできたらカッコいいなあ...ん?初春から電話だ」

佐天「もしもし初春ー?どうかした?」

初春『佐天さん今家ですか?外見てください!星がすっごく綺麗ですよ!』

佐天「星?ちょっと待ってね」ガララッ

【佐天「重力を操る能力かぁ」】の続きを読む


上条「ここでいいかな」スタ 

五和「そうですね」 

シュルル 

上条「おおっ、五和さんの弁当……」 

上条「だいぶでかいな」 

五和「だから、アナタの分も作ってきたんですよ」 

上条「なるほど、二人分を一つに詰めたってことか」 

五和「その通り」 

カパ 

>>897 
五和の弁当の中身(リベンジ) 


【上条「握手会でせうか?」【安価】⑦完】の続きを読む

このページのトップヘ